2011年 09月 26日

木・金休みの結果

c0035318_0271283.jpg

 木、金休みも残り1回。平日ではテニスもないのでプールにでも行って、家にも誰もいないので昼は蕎麦や冷麦とかで済ましてしまう。
 木・金休みはビジネスとしては、あまり効率がよくない。木金は休日と通知してあるので、電話などはあまりかかってこない。土日は出勤日、と知らせてあるが先方が休みのため連絡は極少である。
 従って、木、金、土、日と四日間、社外とのやり取りでは休日の様になる。水曜の次に客先とコンタクトがとれるのは翌月曜日になる。しかしながら月、火、水は集中的に忙しくなる。木金休みは製造部門は、あまり影響をうけないだろうが、営業的には低調であろう。
 一方、私的には木金は、休日のようでそうではなくなってしまった。自動車業界は木金休みだが、その他の業界はそうではない。そのため出張、打ち合わせのため仕事をすることになる。海外の顧客にとっては、木金休みは関係はない。しかし純粋な自由時間は増えた人が多いだろう。家には誰もいないし、普段の土日休みのようにテニスに付き合ってくれる人もいない。自然に普段とは異なることをするようになる。今までできなかったクロールが少し泳げるようになったり、英会話の勉強が進んだり、図書館で本を読んだり・・。もっとこころざしの高い人たちは、この間に何かを発見したのではないかな。
 
11.09.23 

 
c0035318_1325857.jpg

c0035318_1435216.jpg


                            台風の際の大雨の痕跡が残る山崎川

by yayoigaoka | 2011-09-26 01:47 | 散策


<< 10月のお題 「そぞろ寒」      現代彫刻展/犀川 >>