2010年 10月 30日

上海レポート\北京ダック

c0035318_2131670.jpg


 上海に行ってきた。中国四大料理は、北京料理、四川料理、広東料理、上海料理。この店は家族連れで普通に外食するような店で、ビール及び料理で満腹になって二人で3000円程度の庶民の外食レストラン。四大料理のどれなのか不明だが、庶民の店でも味では高級店に引けをとらない。
 ピンボケ写真はこの店のお勧め、北京ダックのあご部のから揚げ。手羽先のから揚げの胡椒を辛子に替えて洗練したような味だった。ここの料理はすべてOK、この値段のまま日本に持って帰ったら間違いなくヒットします。

10.10.26

*以下、フィリピナーのイングリッシュチューター添削用。数日後に正しいイングリシュになっています。

I went to Shanghai for business trip. Main Chinese cuisines are Beijing, Sichuan, Shanhai, Cangtong cuisine. This restaurant is for ordinary people, so even if we get full stomach by beers and cuisines, it is only 3000 JPY for two person. Though I don't know which type cusine this is in four main Chinese cuisines, the taste isn't behind from a pricy Chinese restaurant's one. This picture is fried chins of Peking duck. It tastes like a fried wing tip of which pepper is exchanged to chili pepper and the taste is sophisticated. All cuisines of this restaurant are all satisfied. It will absolutely get hitting to take back this restaurant to Japan with these prices.

Oct.26


c0035318_2483961.jpg

by yayoigaoka | 2010-10-30 02:58 | gourmet


<< 中国みやげ/物価調査      La Province 御岳... >>